Menu

葛城市H様|お客様の声

とにかく考えて考えて考え抜いたおうち

お施主様
H様
ご住所
葛城市
家族構成
5人
建築形態
2階建て
間取り
4LDK

とにかく考えて考えて考え抜いたおうち。
後悔は全くなくイメージ通り・・・むしろそれ以上に快適な暮らしができていると
仰るH様のインタビューです。

家づくりを考えたきっかけは?

家づくりを考えたきっかけは?

奥様:ハイツに住んでたんですけど、シンプルに「狭い」って言う事と、子どもが小学校に入るまでに、(奥様の)地元に戻りたいって思ってたので。 それに、子どもが喘息と言うか気管が弱くて、体調悪くなると咳が出たり、冬は風邪をひいてないのにずっと咳をしてて、それが毎年なので絶対(当時住んでた)ハイツのせいだと思ってたんです。

ご主人:ほんまあの頃はずっと咳してたな。

奥様:それにハイツはカビが凄かったんですよ。色々対策はしてたんですけど無理でしたね。そういうのも嫌だったので。

木村建設:大変だったんですね。ちなみに家を考え始めた時って雑誌とか見たりされました?

奥様:当時まだ若かったし、何もわからなかったのでとりあえず住宅展示場に行って何ヶ所か回ったんですけど、私たちが若いからなのか対応が悪くて、最初から年収聞いてきたり、どこで働いてはるんですか?って聞かれたり・・・しばらくするとちょっとご年配の方が展示場に入って来られたら、急に態度が変わってビックリしましたよ。人を見て判断してるんだなと思って。

ご主人:何しに来たん?って感じのところもあったね。若いからどうせ買わないやろ?みたいな態度で。

 奥様:そうそう。それと、ある展示場に入ったらシックハウスなのか、私はすぐに反応するので目がすごく痛くなったんです。やっぱり居心地が大事ですね。人もですけど、居心地が良くなかったから、何か違うなぁと思いました。

当初はどんな家づくりが理想だったのですか?

当初はどんな家づくりが理想だったのですか?

ご主人:とにかく広い家と思ってただけで、僕自身は別に建売でもいいかなと思ってて値段も安いし、家の事もよくわからないし同じような家やったら安い方がいいんじゃないの?って思ってました。けどハウスダストとか、子どもが咳してたのもあって健康的な家は理想として持ってました。ハイツでの嫌な思いを解消してくれる新しい家ですね。

奥様:私はとにかく材質の事とか全然知らなかったので気にしてなくて、流行のオシャレな感じの家がいいかなぁと思ってました。間取りも普通の、誰でも当てはまるみないなほんと漠然としてたんです。だから、有名なメーカーとか展示場に行ってたんですけど、結局しんどくなったりして、こういう事になるんだとわかったので自然素材を扱ってる工務店を探して何軒か行って、最後に木村建設さんに行ったと思います。

木村建設に決める前に悩んでたことは何ですか?

木村建設に決める前に悩んでたことは何ですか?

奥様:何もわからず家づくりを始めた私たちですけど、色々回るうちに材質の事とか色々考えるようになって、断熱材であったり塗り壁の事であったり・・・地震の事も考えたりして、その辺は色々悩みましたね。

木村建設を訪問した理由をお聞かせください。

木村建設を訪問した理由をお聞かせください。

奥様:ホームページをみつけて、完成見学会に行ったんです。最初に言ったようにあちこち回って、嫌な思いもしたけど木村建設さんは一番こだわりを持ってて、妥協を許さないって感じでしたね。

木村建設で決めていただいた理由をお聞かせください。

木村建設で決めていただいた理由をお聞かせください。

奥様:完成見学会に行かせてもらって、内装や基礎もしっかりしてるし・・・こだわりもあって。それらも基本として良かったんですけど、一番はやはり担当してくださった営業さんですね。最初は怖い感じに思ったんですけど、凄い真摯に対応してくださって、家の事も凄く勉強されてるのがわかって、こちらの質問も全部答えてくださったので、そこが一番安心できたのと、人として見てもらったと言うか最初に言ったように若いから相手にしてもらえなかった事が多かったので。

ご主人:厳しさみたいなものも感じたけど。

奥様:確かに現実は突きつけられる感じだったけど、絶対答えてくれるし、凄く丁寧だったから、あしらう感じはなかったので安心感はありました。

ご主人:何か「お父さん」みたいでしたね(笑)

奥様:ほんとお父さんみたいやったね。子どもも懐いてたし。あ!それにパートさん達にもいっぱい遊んでもらって、打ち合わせで久しぶりに行ったら「おっきくなったね~」とか声かけてもらって、「お母さん」でしたね(笑)だから、決め手は人柄とやはり自然素材ですね。モデルハウスの居心地がすごく良かったのも覚えてます。

ご主人:居心地は良かったね。僕はそんなにこだわりはなかったんですけど、家にいる時間が長い奥さんが居心地がいいのがいいと思ってたので。

奥様:そこは優しさですね。圧力じゃないですよ。優しさです♬(笑)それに、OB訪問した時にも思ったんですが、塗り壁の感じがすごく良くて、最近は塗り壁をやられてる所も多いんですが、木村建設さんとこの左官屋さんの塗り方がめっちゃ好きなんです。だから壁もイイなと思いました。W断熱ですね。

家づくりにめげそうになったエピソードはありますか?

家づくりにめげそうになったエピソードはありますか?

ご主人:土地が決まってなくて。

奥様:土地は大変でしたね。ここの土地に決まってから1年かかったんですけど、皆さん一生懸命調べてくれはって、武野さん(設計)も営業さんも多分社長も、色々調べてくれはって何とかなったので、ほんと感謝ですね。けど、その間に家の事はめっちゃ考えられたので、それは良かったかなとは思いますね。

ご主人:確かに、今になって思うとその時間は良かったかも。ただ・・・割と天理まで行くのはめげそうになったかな(笑)

打合せ時に対する思いや思い出等、感想をお聞かせ下さい。

打合せ時に対する思いや思い出等、感想をお聞かせ下さい。

奥様:武野さんの第一印象は、オタクなんやなって思いました。本当に家づくりが好きなんだなって。オタクじゃないですか?(笑)かなり設計が好きな人やなって安心しました。そうそう。営業さんに最初に頂いたファイルが凄く良かったんです。私たち家族の顔写真が貼ってあって、具体的な事とかコンセプトとかをまとめて書いてあって。まだ残してありますよ。

木村建設:イメージしやすかったですか?

奥様:そうですね。任せとけば何とかなるって感じだったんですけど、私は色んな思いを言ったんです。色んな要望をしたんですけど、それを武野さんは全部形にしてくれるし、どう考えても素人の考えの時は「それはやめた方がいい」って言ってその代わりに「これはどう?」みたいな提案をしてくれはるので凄いなぁと思ってました。それと、私が色々言うから営業さんに「またですか?」みたいに言われたりもしましたよ(笑)けど、そう言う事が言える関係性って言うかコミュニケーションが取れてたから言えたんで、やっぱりそういうのって思い出に残りますよね。

ご主人:うん。いい思い出やね。

お家でお気に入りのところ、こだわったところを教えてください。

お家でお気に入りのところ、こだわったところを教えてください。

ご主人:う~ん・・・どこにいても落ち着くからなぁ。しいて言うなら、意外と玄関が好きかも。

奥様:私は動線。廊下が基本ないのでグルグル回って行ける所。キッチンのアール部分もだし、気に入ってるのはいっぱいあるんですけど・・・こだわりのほうが多いかな。一階で生活できるようにつくったので、今その感じで生活できてるので。あと、コンセントやスイッチの高さもこだわったんですよ。とにかく【暮らしやすい・生活を豊かにするため】のこだわりが多いですね。あとは保育士目線で子どもが危なくないようにも考えましたし、将来の自分たちの事も考えてバリアフリーにもつながるかなと思ったりしながら、色々拘った感じかな。あ!お気に入り言っていいですか?玄関からすぐ入れるようにした和室。今はおもちゃとか置いてますけど、和室を確保したいって思ったんで、ここがお気に入りです。

木村建設:こちらはもしかして町家のイメージですか?

奥様:そうなんです。絶対取り入れたいと思って。

住んでからの感想をお聞かせ下さい。

住んでからの感想をお聞かせ下さい。

ご主人:僕は100%満足してるんで・・・いい家やなぁって。

奥様:(ご主人は)いつも「いいなぁ」って言いながら上を向いてゴロっとしてますね。譲ってくれた部分もあったと思うんですけど、こうやって100%って言ってもらったらいいかなと思います。私はとにかくいっぱい考えたから、選択肢があってこれとこれはどうするとか、色んな案を出して絞ってきたんで、例えばコンセントの数を増やしておけばよかったかなくらいはありますけど、その時にいっぱい考えてるから後悔はないです。納得はできるんです。そこの玄関の所も、こうしておけばって事はあるんですけど、それも武野さんと一緒にめっちゃ考えたんですよ。だから後悔はないです。納得はしてます。思い出しました。武野さんエピソードなんですけど・・・人の家やのにめっちゃこだわってくれてはるなって事があったんですけど最後の最後に大きな木を・・シンボルツリーみたいにつけることになって、普通につけてくれはったんですよ。武野さんにお任せで・・みたいになってて。それで、住んでから外構屋さんが「この木見に行った時、武野さんがずーっと私に着いてきて、角度めっちゃ見たり、ずーっと悩んではった」って聞いて、武野さんはそんな事何も言われないですけど、外構屋さんに後から聞いて、ほんとに考えてくれてはるねんなって思いましたね。

木村建設で家を建てると幸せになりそうな人はどんな人ですか?

木村建設で家を建てると幸せになりそうな人はどんな人ですか?

奥様:しっかりこちらの思いを汲み取ってくれるから、こだわりを持ってる人かな。どんなこだわりを言っても、引かずに武野さんは淡々と聞いてくれるから。幸せになりそうな人に当てはまるかわからないんですけど、カラオケが好きな人。ギャグじゃなくてほんとに(笑)防音性が凄くて・・・前に大音量で歌ってもらって外に行って確認したんですけど、全然音が漏れてなくてビックリしました。防音性能の事は聞いてたんですけど、まさかここまでとは!と思って。

木村建設:なるほど~。ちゃんと確認されたんですね。思う存分歌えますね。

奥様:是非是非。おススメです。あとは、DIYが好きな人。変化が色々楽しめるので。加工しやすいので自分たちで色々やって住んでからまた楽しめるので。

これから家を建てる方へのアドバイスがあればお願いします。

これから家を建てる方へのアドバイスがあればお願いします。

ご主人:時間を惜しまずにじっくり考えてほしいですね。うちの場合は妻が色々考えてくれてたので住んでから、あの時色々考えてくれてたから使いやすいのがわかるし、居心地いいなっていう風になってるので。 僕はなかなかイメージがわかなかったんですけど、妻がほんとに考えてくれてて自分で図面書いたりもしてくれてたんで。しんどい事も多いですけど、よく考えて妥協しないで建てた方がいいかなと思いますね。

奥様:私も同じですね。それに今はインスタなり色々情報を集めたらいいと思います。その上で、その時の流行やオシャレだけに流されず、情報として集めておいてそこからが重要だと思うんです。見ててオシャレやからいいなぁってなって取り入れてしまうと自分たちには全然合ってなかったってなるから、自分たちの生活をイメージして選んでいくのが大事かなと思います。

ご主人:実は僕はオシャレなのがいいかなってちょっと思ってて、当時もその話をしたんですよ。けどそこは妻が一貫してて、今はそうして良かったなって実感してますね。

奥様:その時はオシャレで良いとは思うんですけど、5年もすればダサくなると思うんですよ。だったらその時にあとから自分たちでやればいいと思うし。とりあえずシンプルイズベストですね。

木村建設:長時間のインタビューありがとうございました。