Menu

スタッフ紹介

志村 直治郎
営業志村 直治郎
ニックネーム
なおじ
⽣年⽉⽇
平成9年9月23日
⼲⽀
丑年
星座
てんびん座
⾎液型
AB型
出⾝
奈良県天理市
所属部署・役職
営業部
資格・特技
大型自動車免許
休みの⽇の過ごし⽅
冬場は友人と長野や岐阜にスノボーを滑りに行っていますが、それ以外はひたすら漫画を読んでいます。読みだしたら止まりません。8畳の自室に500冊以上漫画があるので、壁一面本棚で埋まっています。作品が増えると、巻数によってレイアウトを変えたいので漫画の大移動が始まります。表紙や帯によって見え方がグッと変わるので、気分転換にピッタリです。ちなみに、好きな作品は高橋留美子さんの「めぞん一刻」です。ジャンプ系では「鬼滅の刃」「銀魂」「ジョジョの奇妙な冒険」にハマっています。
主なお仕事
モデルハウスに来場されたお客様のご案内、契約~お引渡しまで全力でサポートさせて頂きます。木村建設が大事にしている‘‘住む人の健康を考えたお家作り‘‘を実現させるためのダブル断熱、漆喰の塗り壁、天然の無垢材を使用などの魅力を来場されたお客様全員に伝えさせて頂いています。言葉一つで伝え方の印象が変わると思うので、社長や先輩社員がお客様と話しているのを聞いて、自分ならどんな言葉で伝えるか模索中です。

この会社に⼊社した理由は?

大学を卒業してすぐ新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令しました。無事就職は出来たのですが、自粛生活の中友人と遊んだり、旅行に行ったりなどは出来ませんでした。
そんな時、「おうち時間」という言葉をよく耳にするようになりました。世の中が自粛で息が詰まる中、たくさんの方が自宅で長い時間を過ごすようになり、そんな生活の中家族との時間を楽しむためにお家での時間を重要視する生活スタイルに変わっていくのにつれ、住宅会社への転職を決意しました。

木村建設には学生時代の先輩が社員として既に活躍されていたので、紹介して頂き入社しました。

笑顔で話す志村さん

「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

お客様から「木村さんの家にして本当に良かったです」と言って頂くと嬉しいです。

たとえ自分が担当していない過去のお客様であっても、挨拶をさせて頂いた時にこの言葉を聞く事が出来るので、長く愛され続ける家作りに自分が携わっているのを改めて実感します。

微笑む志村さんの全身像

逆に⼤変だったことはなんですか?

右も左も分からない状態で入社したので、日々勉強の毎日です。
家作りはまず何から始めるのか、いくらお金が掛かるのか、工事期間は何カ月くらいなのか、土地や図面の見方、奈良の気候に合った家作りとは、など毎日初めて耳にする単語ばかりなので新しい発見の毎日です。

また、営業としてお客様の要望に出来る限りお答えできるように、ヒアリング能力向上させるため、何事にも疑問を持つように心がけています。

地域で「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

木村建設が大事にしている「自然素材を使った暖かいお家で、家族揃って健康に過ごせる」というのを軸に、「家を建てるのが目的ではなく、より良く暮らすための手段が家である」事を一番に伝えたいです。

お客様の中には家作りは完成がゴールだと思ってらっしゃる方もいます。しかし私は、ゴールではなく新しい生活のスタートだと考えています。
時代によって世の中の生活スタイルが変わっていっても、お客様にとっては10年20年と長く住み続ける大切なお家です。お家で過ごす時間を充実させるためにも、住む人の健康を考えた家作りの実践をこれからも頑張っていきたいです。

この会社で実現したい夢は何ですか?

自分が担当させて頂いた家で奈良をいっぱいにしたいです。
「奈良で家を建てるなら木村さんトコが良いよ!!」とご縁があった方全員から言ってもらえるような活気のある会社にしていきたいです。

微笑む志村さんの全身像