Menu

BLOGブログ

ブログ

アーカイブ

2021/08/23

1.昌樹&マリの土地探し の巻

 

現在天理市田部で建築中の、新モデルハウス兼私のお家。

普段は家を建てさせていただく立場ですが、今回は皆さんと同じ【施主】。

私自身の家づくりの物語を通じて

 

①家づくりの楽しさ

②舞台ウラ

③家づくりにおいて大切なこと

④などをお伝えできればと思っています。

拙い文章になってしまいますが、ぜひ最後までお付き合いください。

また、現場で会った時などに「読んでるよ!」などと言っていただけるとテンションが上がります(笑

 

まずは土地探し、日当たりの良い角地で60坪、駅から徒歩圏で、、、。

誰もが考えることですが、当然ながら見つかるわけもなく。

 

私たち家族にとって優先順位が何なのか?

日当たり、予算、景色(風通し)、スーパー(買い物)、通勤、駅へのアクセス、、、

いろいろ書き出し、話し合った結果、優先順位が上に来たのが景色(風通し)通勤でした。

 

そんな時見つかった土地。

形は間口が狭い、いわゆる細長い土地で、一般的には敬遠される土地です。

私も当初は悩みましたが妻の一言で決めました。

 

「こんな細長い土地でも、こんなデザインのお家ができます。こんな間取りもできますよ!!

ってお客様に見てもらうことができるからいいんじゃない」

 

うん、確かに。仰る通りでございます。

 

会長の教えである、

お客様に勧めるには、『まず、実際に住んでみて、試してみてからお客様にご提案する』

 

さすが、愛妻であります(笑)。

しっかり会長の教えが身についていました。

 

 

そして、いよいよプランニング。

夫婦で話し合って、ヒアリングを受けてお客様と同じ立場で提案してもらいました。

少し違うのが、実験ハウスという事です。

 

実際に生活しているリアルサイズのモデルハウスとして皆様に見てもらおうと思っていますので、

試しに設置しているところが随所に。

 

外観のデザインからはじまり、間取り、構造、断熱まで、、、

妻の主婦としての意見も取り入れながら、プランニングしていきました。

 

実際に土地探しからプランニングしてみて、一番良かったのは妻といろんなことを話し合いできたという事です。

子供のことを含めた将来の家族のこと、子供の教育方針。

さらには、家事の大変さ。どんなところが大変で、困っているのか。

お客様のヒアリングでもお伺いしていますが、主婦の皆様には本当に頭がさがります。はい。

 

そんなこんなで進んでいる我が家。

今現在は5月に地鎮祭が終わり、10月には上棟式であります。

春ごろに完成予定ですので、皆様、楽しみにしておいてくださいね。