代表取締役社長:木村昌樹

ニックネーム:お客さんのお子さまからよく「プーさん」と言われます。
生年月日:昭和51年11月25日
出身:天理市
星座:射手座
干支:辰年
血液型:O型
入社年月日:平成20年4月
所属部署・役職:代表取締役
資格・特技:普通免許、2級船舶免許
休みの日には何をしてる?:ゴルフか釣りが多いですね。学生時代は琵琶湖でブラックバス釣りばかりしてました。あとは・・・プーさんに似てるのでハチミツ採りですかね?(笑)
主なお仕事:代表取締役です。と言っても小さな会社ですから、経営から営業、企画まで、なんでもやっています。理想の社長像を追い求めたいですね。

 

■この会社に入社した理由は?

 物心ついた時から、大工だった祖父と父(現会長)の背中を見て育って来ました。建築現場に遊びに行ったり、ユンボに乗せてもらったりして、一日現場にいても飽きなかったですね。高校の頃まで、職人さんが5人ほど家に泊まり込みで働いていました。同じ風呂、同じご飯を食べて、職人さんに育てられたようなものです。(浦出もその一人です。)

そんな高校時代、アメリカにホームステイをした時期がありました。

街並みがバラバラの日本と違い、家や庭がとても整然としている街並みに衝撃を受けました。パーティーを頻繁に開いて家族(ファミリー)のつながりをとても大事にする文化に感銘を受けましたね。

 「プライバシー」という言葉は外国から入って来ましたが、日本のプライバシーは「完全遮断」。玄関からすぐに階段につながり、誰がどこにいるのかも分からないようなイメージがあります。でも、本場アメリカのプライバシーは違う。個性を尊重しながらも、必ず中心にリビングがある。家族が集える場があるんですね。「日本のとは全然ちゃうやん」と強く思いました。外国のような、

・     持続可能なコミュニティーがあり、
・     街全体が文化となり、
・     長持ちして中身を改装して古ければ古いほど価値が出る。

そんな家づくり、街づくりがしたいと思い、大学卒業後は大学院で都市政策(街づくり)を学び、地場ゼネコンや不動産会社で実務を経験した後、木村建設に戻ってきたんです。

 

 ■「この仕事をやってて良かった!」と思ったこと

  なんといっても「ありがとう」と言われる仕事だということですね。
住んでて気持ちいい。友達に自慢できる。アトピーが緩和した。光熱費が下がった。
いろんな感謝を直接いただける。こんな良い仕事はないと思ってます。

私が小さい頃、当時の最新技術だった「新建材」を多用して実家をリフォームしました。でも、塗り壁はポロポロは落ちてくる。結露はする。使いにくい。当時はそれが当たり前だと思ってましたが、木村建設に戻ってきた時に木村の家を見て「家づくりってこんなに進化したんや!」と驚きました。木村建設に戻ってくるまでにいろんな住宅を見てきましたが、他社さんの家と比べても頭ひとつ抜けていましたね。

だから、家を建てさせていただいたお客さんの家にお邪魔した時にも、皆さん「上がって見てってよ〜。」って自慢してくれるんですね。これはすごく嬉しいことです。

 

■逆に大変だったことはなんですか?

 土地のお世話からさせて頂いた時に、不動産屋さんの不備で境界線があいまいになっていて、住宅ローンが降りなかったことがあります。私を信用してもらってるのにこれでは申し訳ないので、不動産会社や役所に掛け合いましたが解決しない。そこで、直接当事者の方にお会いして事情を丁寧に説明させて頂いたら、「あんたがそう言うなら」と気持よく承諾をしていただいたことがあります。その方はなんと自宅のリフォームをご依頼くださり、新しいお客さままで紹介してくれました。

お互いが納得行くまで、膝を突き合わせてとことんお付き合いをすることの大切さを痛感しましたね。

 

■地域で「これだけは誰にも負けたくないこと」は何ですか?

  「ありがとうの回数」です。
これだけはどこにも負けたくない。

そのためにはまず私自身が楽しむことだと思ってます。
私が木村建設の家づくりとお客さまの家づくりを楽しんでいれば、スタッフをはじめ周りも楽しくなってくる。やり甲斐の価値観を共有して、お客さまのために働く。その結果が「ありがとう」という言葉だと思っています。

 それと「あったかい生活」を送ってもらうこと。

これは物理的にあったかいのと同時に、心があったまる生活のことでもあります。
私自身がそうだったように、家族や周りの人々からの愛情で子どもは育ちます。
そのためには、「自然と帰って来たくなる家」が必須だと思っています。
家族の話が弾む間取り、家族が集まれる場作り、居心地の良い住環境、健康的な家、長持ちする家・・・。

そんな家づくりと思い出づくりを通じて、あったかい生活を送っていただく工務店としてエリアナンバーワンを目指していきたいと思っています。

 

■この会社で実現したい夢は何ですか?

 私が小さい頃から父も母も木村建設を切り盛りしていたので、本来であれば家に誰も家族がいない環境で育つはずでした。しかし幸運にも私の周りにはいつも人のぬくもりがありました。親戚、職人さん、その仲間・・・。たくさんの人達に囲まれて本当に楽しく毎日を送っていました。

 そんな「ぬくもりのある生活」が当たり前だと思っていたのですが、最近は奈良県の家庭事情も変わってきています。核家族化が進むと同時に地域でのコミュニケーションもどんどん薄くなってきています。

 家づくりと街づくりを通じて、
もう一度昔のようなあったかく支えあえるような社会にしたい。

 大きな夢ではありますが、実現に向けて社員一同コツコツと楽しんでいきたいと思っています。

 


モデルハウス 見学会イベント情報 お問い合わせ