実は・・・

皆様おはようございます。

今日は月曜日!お天気はもうひとつパッとしませんが、気持ちは

カラッと今週も頑張って参りましょう ;-)

 

さて、“実は・・・”

の後に続く言葉が、『実は自然素材とのお付き合いは至ってシンプル

なんですよ!』と言いたかったのです :-D

IMG_0011

 

それをお伝えしたく、また自慢のお家を末永く愛してお住まい頂く為に

【メンテナンス講座】を定期的に行わせて頂いております :-D

『無垢の木はあこがれですが、傷が付くでしょ?』

はい、付きます!

でもね?傷の程度や状況にもよりますが自分で治せるんです!

IMG_0005

 

という事で昨日開催させて頂きました、【メンテナンス講座】のご報告を ;-)

 

『あちゃ~、携帯を落して床に傷が???』

『子供がおもちゃを落して床に傷が???』

そんな事ってあり得ますよね?

『どうしよう・・・』

はい、浦出棟梁が実演でお教え致します :-D

IMG_0002

 

まずは皆様にご説明から、

IMG_0014

 

そして実演補修の開始!

用意するのは、濡れた雑巾とアイロンです!

こうして、ああして、こうすると傷が・・・、

『皆さんどうですか?』

『いやっ、ほんまや、傷が分からなくなってる・・・』

はい、じゃあ誰かにやって貰いましょう!

って事で参加者様の補修体験です :-D

IMG_0013

 

自然の木は生きているので、水分を与えてあげるとへこんだ部分が

戻るんですよね~、これがフローリングならもう無理!

傷が付きやすいが、自分で治せますよ :-D

傷が付きにくいが、自分で治す事は無理ですよ :cry:

さあ、あなたはどっち派???

 

次は、漆喰壁の補修です!

IMG_0019

 

左官職人の山下さんと上野さんが皆様にお伝えする為来て下さいました!

実演は山下さんが担当です。

こうして、ああして、こうすると簡単です!

こちらも実際にやってみましょう :-D

IMG_0022

 

まずは壁の角の補修から、

最初はやはりスムーズには行きませんが、でも思ったほど難しくは

無いですね!

皆さんに見られながらの実演なので少し緊張もあるのかな?

恐らくご自分のお家なら落ち着いて、失敗しても自分のお家だし、

のような感じで軽い気持ちで出来ると思います :-D

IMG_0025

 

そして次は壁のヘコミ補修、

漆喰壁に穴が・・・、

それもこの通り、自分で補修出来るんです :-D

さあ、誰かにやって貰いましょう!

IMG_0028

 

って事でいざ実演!

今回は女性の方が実演されました。

って事は?そうです、女性でも簡単に出来るんです。

しかも、実演時の道具は全て百均で購入できるものを代用する事で

簡単に・・・参加された皆様はもうご存知です :-D

IMG_0029

 

こうして床の傷補修、壁の傷補修共に学ぶことが出来ました!

 

結構(自然素材)を最近は良く聴く様になりましたが、このように

自然素材との付き合い方を定期的に教えてくれる工務店って

少ないようで、ご参加頂きました方からも、

『木村さんで決める前に何社か行きましたけど、住んだ後もこの

ようにメンテナンスを教えてくれる工務店さんは無かったです』

と、だから安心して木村さんで決めました!

と嬉しいお声を頂きました :-D

IMG_0021

 

このように動画で残せるのがいいですよね :-D

本当に皆様のお役に立てて非常に有意義な昨日でした!

 

そしてお帰り頂いてからも・・・、

一例のご紹介ですが

IMG_0032

 

ご意見やご感想を頂け、本当にこちらこそ感謝を申し上げなければ

なりません。

本当にご参加下さり有難う御座いました :-D

特に私の心に響いたのが、

IMG_0033

 

『自分達の家づくりを思い返すいい機会となりました』

という箇所です :-P

何時の時もそうかも知れませんが、やはり時には初心に戻って、

あの頃に戻って、あの時の気持ちを思い出して・・・、

これも当社が良くお伝えしてます、互いの見えない思いやりなの

です!

 

本当に色んな意味で【メンテナンス講座】は皆様のお役に立てた様で

是非、今回お時間やご都合が付かずご参加出来ませんでした皆様は

次回是非是非、ご参加なさって下さいませ ;-)

当講座にご参加下さいました皆々様、本当に有難う御座いました :-D :-P :-D

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 5 = 四

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>