ほんまもんの天然木

 

住宅で一般的に使われる『合板フロアー』。
夏は湿気でベタつき、冬は冷気でヒヤッとしてしまうこの床材では、生活の上でスリッパや靴下が欠かせません。

でも、せっかくリラックスできるおウチ。
「素足で暮らせる家がいい。」ですよね?

そんな健康で自然体で過ごせる家に住む為に欠かせないもの。
それは、『無垢材(天然の木)』の床です。

 

木村建設の家の床材は、人工的な手が一切入っていない『無垢材』を使用します。

今は『パイン』という材料をよく使っています。

このパイン材は、とてもきれいな白い色をしていて、年月が経てば次第に飴色に変化していくという特性を持っています。
また主張し過ぎないほのかな木の香りが上品で、飽きのこない材木とも言えます。

長く続く厳寒の気候のなかで育ったパイン材の木の成長はとても遅く、その為年輪は虫眼鏡で見るほど詰まっています。

このようなパイン材の木は、比重も高く、虫も付きにくい特徴があります。 また、パインは日本の「松」に分類されますが、パインはヤニがほとんど出ませんし、日本の「桧」に似た性質と木肌をもっています。

しかも木には断熱効果があります。梅雨時には室内の湿気を吸い取り、冬の乾燥時には吐き出すという天然の調湿効果ももっています。

また、木の香りのことを「フィトンチッド」といい、抗菌・殺菌・鎮静などの効果があり、心身ともにリフレッシュ&リラックスさせてくれます。天然無垢のパイン材に囲まれた住宅は、まさに自然のアロマセラピーです。

木村建設では、床の厚み30mmのパイン材(36mmのスギ材)の無垢材を標準で使用しています。

 

また、現在は地元吉野・十津川の木にも注目しています。

良い材料を研究して、もっともっと暮らしやすい健康な木の家に成長させていきたいと思っています。

 

  IMG_2040


モデルハウス 見学会イベント情報 お問い合わせ