プレート打ち式

マイホームの上棟式。
基礎の上に建物の骨組みが建ち、屋根までかかった後に、工事の安全と御施主様の繁栄を祈って行なう儀式です。

棟梁やその他の職人さん、我々スタッフが集まって、塩やお酒で清めたり、幣串(へいぐし)と呼ばれるお守りを屋根の下に飾ったりします。

一生に一度の行事なので、木村建設では御施主様にもご参加頂くようにしています。
その一環が「プレート打ち式」

柱と土台をしっかりつなぎとめる金物プレートの釘を、御施主様ご家族に打ち込んで頂きます。
(最後の仕上げはプロがしっかりさせていただきます。)

いつかお子さまが大きくなった時、

「この家の釘はパパが打ったんだよ」

なんて自慢できるといいですね。

 

 


モデルハウス 見学会イベント情報 お問い合わせ