/>

木村建設について

 

アフターフォロー・保証

 

※弊社では、定期的にメンテナンス講座も開催しています。詳しくは→こちらをクリック!

私たちは、家を建ててからが本当のお付き合いだと考えています。
家の不具合があっても「住宅会社さんが倒産されて、どうしていいか分からなくてそのままになっている…」、「半年前に連絡したけど、まだ修理に来てくれない…」など、アフターメンテナンスの重要性をしっかり理解していない住宅会社が多くあります。

家というものは、アフター点検やメンテナンスが必要です。
10 年先、20 年先、100 年先まで快適に暮らしていただくために、木村建設はお客様と共に大切な家を守っていきます。
地元に根ざした会社ならではの、迅速な対応を目指します。
そしてお客様との誠実なコミュニケーションを大切にし、造り手と住まい手を越えた関係を長く築きたいと考えています。

アフターメンテナンス

お引き渡し後のお客様からの
ご指摘・ご要望及び修理・保証の対応について

毎日生活する場所ですから、どんなに気をつけていても、何らかのラブルが起こるのは当たり前のことです。ドアの不具合や床の傷、水漏れなど、一見些細なトラブルと思えても、お客様にとっては大 切なお住まいの一大事です。常にお客様の立場になって、誠心誠意の対応を心がけています。メンテナンス依頼やクレームなど24 時間対応しております。

 

■住宅完成保証について

万が一にも安心。
当社は住宅完成保証のハウス・デポ・ジャパンと契約しています。

「注文住宅を建てたいけど、工務店に万が一があったら家は完成するの?」
注文住宅の家づくりで心配なのは、もし、施工を頼んだ工務店が万一工事を継続できなくなったら「きちんと家は完成するのか?」ではありませんか?

■完成保証「ハートシステム」

『家づくりに安心を。完成保証とは?』

住宅完成保証とは、家づくりの途中で工事がストップすることがないよう、お客様の家を最後まで完成させるための保証制度です。

家づくりは長期間にわたります。その間に、思わぬ事故が起こらないとも言い切れません。そんな心配をカバーするいわば、「家づくりの保険」のようなもの。

『ハートシステムとは?』

住宅建築中のもしもの事態に備え、実際に施工する専門工事業者はそのままで 、代わりの工務店の選定や移行をスムーズにバックアップし、 お客様の家の完成・ お引渡しまで責任をもって行います。
小回りと融通の効く工務店のメリットと、大手ハウスメーカーなみの安心感を両立する、ハウス・デポ・ジャパンオリジナルの完成保証が「ハートシステム」です。

『ハートシステムでどんなメリットがあるの?』

豊富な協定工務店のなかから代替の建築会社が速やかに選定されるため、工期遅延の心配が少なくなります。
ハウス・デポグループの支援により、継続して同じ工事業者と同じ建材納入業者が継続して対応します。
当初のご契約金額でご契約通りのマイホーム完成・引渡しを実現できるため、安心してお任せいただけます。

■保険について

住宅保険(瑕疵担保責任保険)

当社では、国交省より指定を受けた瑕疵担保履行法の住宅保険を取り扱っている「日本住宅検査機構」(JIO)・(財)住宅保証機構・(株)住宅あんしん保証に検査、保険を依頼しております。

■検査内容

■対象となる瑕疵担保責任の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分に関する10 年間の瑕疵担保責任を対象としています。

 

保険期間・保険内容につきましては日本住宅保証検査機構のホームページ をご覧下さい。

■構造計算について

現在の建築基準法(施行令第46 条)では木造2 階建住宅(200 平方メートル未満)には構造物の安全性を確認するのが目的であるはずの構造計算が義務づけられておりません。
構造計算とは建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、どのように変形し、どのような応力が発生するのかを計算することです。

木造2階建ては、確認申請などで構造計算を必要としませんが、木村建設では全邸で実施しています。

しかし、昨年、構造計算無しの長期優良住宅(後方)と構造計算をした建物(前方)を同じ条件で耐震実験をしたところ、前者が崩壊したことから、構造計算の重要性が問われています。
構造計算をする事により、安心して暮らす事が出来ます。

建築基準法では、木造2 階建てまでの住宅は高度な構造計算を行わなくても建てられるようにと、昭和35 年/ 簡易計算方法「壁量規定」が設けられました。

しかし、昭和53 年/ 宮城県沖地震、平成7 年/ 兵庫県南部沖地震、、と多くの家屋が倒壊する度に、たくさんの犠牲者を出してしまっていました。
そして、この壁量計算も大地震が起こる度に、改訂され続けているのが現状です。
今、壁量計算で建築基準法ギリギリクリアする建物を、改めて構造計算にかけると強度が7 割くらいしか出ないのが現状です。しかし、どちらも違法ではありません。
同じ建築基準法で定められた構造の規定ですが、
なぜ木造2 階建の住宅でこんな矛盾が出るのでしょうか?

矛盾や疑問がぬぐえない一辺倒の規準に従うだけでなく、法律を犯さなければよいといった安易な判断ではなく、本当に安全な住まいに必要なのは何か?を求めた結果が、全棟構造計算実施に他なりません。私達は構造設計事務所と連携して一棟一棟平面計画段階から綿密な構造計算を行い、独自の金物配置や耐力バランスを用いて本当に安全で確実な住まいをご提供いたします。

■構造計算

実際の木造軸組は自由度が高い構法ですがそれ故に、本来構造計画は複雑になりがちです。しかし、建築許可申請でも簡単な算定法だけで許可がおりてしまうのが現状です。

構造計算では、耐震、耐風、構造バランスを綿密な計算の元に定める事はもちろんの事、地震の際の建物の傾き、ねじれ、揺れやすさについても、十分耐えうる設計を行います。
さらに、建物自体の重さ・積雪等の重さ・人・家具などの重さ、建物に掛る全ての重さを算出して、柱・梁一本一本にかかる負荷を計算し、十分に耐えうる寸法、接合の方法を厳密に設計します。
使用されるそれぞれの木材が持つ圧縮や引っ張り、曲げなどに対する強度、地震・積雪・風力に対する壁耐力などが細かく計算されます。
住宅の構造は注文住宅であればあるほどその使用材料や箇所で構造条件は大幅に変わります。それなのに構造計算書を作るところは非常に少ないのは悲しいことです。オリジナルの計画だからこそオリジナルの構造計算も綿密にしておかなければなりません。それはお客様が安心して暮らせる住まいを造るための絶対要素であると考えます。

 

 

家ができるまでの流れ

 

 

ここでは私たち木村建設での家づくりの流れをご紹介します。 木村建設の家づくりの基本は「住む人」を大切にすること。 そのために、 今の生活の問題点・不満点は何か? 新しい家ではどんな生活を希望しているのか? をじっくりお聴きすることからスタートします。

 

■1.ご相談(初回打ち合わせ)※無料

当社オリジナルの「ご要望お伺い書」を元に、お客さまの「今」と「未来」をお聴きします。

・ご家族プロフィール・・・家族構成や生活パターン、ペットの飼い方など
・住まいづくりのご関心・・・今考えている住宅の夢 ・外観デザイン・・・ナチュラルやモダン、町家風など12パターンの外観から、お好みのイメージをリサーチ
・各部屋のご要望・・・洋室は?和室は?リビングは?各部屋に対する要望をお聴きします。
・土地計画・・・土地があるのか?これから探すのか?それはどんな土地なのか?
・総予算と資金計画・・・無理のない資金計画について、一緒に考えていきます。
・お手持ちリスト・・・お手持ちの家具や、新しく購入するインテリアなどのイメージをお聴きし、それらを活かす家づくりを考えます。

■2.1stプラン提出 ※無料

「ご要望お伺い書」を元にした初回プランと概算見積もりを提出し、まずはイメージを掴んでいただきます。

■3.ローン申請

住宅ローンを組まれるお客さまは、金融機関に対して住宅ローンの事前申請を行ないます。

■4.2ndプラン提出 ※無料

1stプランをたたき台にしながら、よりお客さまのイメージに近づくプランと概算見積りを提出します。

■5.詳細プランお申込み (プラン設計料要)

ここまでの流れを経て、本格的に自分たちの家づくりを木村建設と進めていこう!と思っていただけたら、弊社の一級建築士がお客さまオリジナルの詳細プランを作成します。

■6.プラン決定。詳細見積り提出

双方が納得行くまで打ち合わせを繰り返し、最終のプランと金額を決定します。 家づくりで一番楽しい時間です。

■7.ご契約 ※ご契約金・・・請負金額の10%

プラン・お見積りにご満足いただけたらいよいよご契約。 お客さまと木村建設の家づくりがスタートします。 着手金として見積り金額の10%をお支払いいただきます。

■8.図面確定・建築確認申請

建築配置、平面図、立面図の決定、確認。建築確認申請を確認検査期間等に提出する準備に入ります。

■9.コーディネート①

屋根、外壁材、タイル等の外装材。床材、建具、下駄箱等の内部部材、塗り壁、ふすま、畳などの内装の選定を一緒に行ないます。

■10.ショールーム

キッチンやお風呂、洗面化粧台、トイレなどの「設備」を選ぶため、各メーカーのショールームにご訪問いただきます。専属のアドバイザーがご提案させていただきます。楽しいですよ。

■11.コーディネート②

スイッチ、コンセントなどの電気配線や、照明、カーテンといった細部についての打ち合わせ&提案をいたします。

■12.施工前打ち合わせ

打ち合わせに現場監督が同席し、最終確認を致します。工事のスケジュールについてお話しさせていただきます。

■13.地鎮祭・近隣挨拶

新築の工事着工前にその土地をお祓いし、工事の安全と建築後の家内安全を祈願するのが地鎮祭です。建替えの場合は解体後更地にしてから行ないます。

■14.造成、地盤改良工事

軟弱な地盤の場合は地盤改良を行ないます。土地の形状によっては造成も行ないます。

■15.基礎着工 請負金額の20%

この工程時では、配管確認をします。基礎配筋後に第三者期間の検査を受けます。当社こだわりの基礎をぜひご堪能ください。

■16.上棟式 ※請負金額の20%

上棟式は棟木を上げるにあたり、工事の安全を祈願するものです。ここから日々姿が変わっていくお家を楽しむことができます。
また「プレート打ち式」も行ないます。

■17.木工事・仕上げ工事 ※請負金額の20%

上棟も含め、木を使う工事です。 パネル・床張りから、断熱材充填など給水配管や電気配線などもこの期間に施工します。

■18.完了検査

建築確認申請で提出した図面通りに施工されているか、第三者機関の検査を受けます。

■19.建物完成・竣工検査

ついにおウチの完成です。 最終的な確認をし、必要であれば手直しをします。

■20.お引き渡し ※請負金額の30%(残金)

ご挨拶に始まり、思い出に残る引渡式を行ないます。 鍵や保証書のお渡し、設備関係の使い方をご説明します。

■21.アフターメンテナンス

家には必ずメンテナンスが付き物です。 お気軽にご連絡ください。お客様の状況に応じて迅速に対応させて頂きます。

■22.OB様向けの各種イベント

お引渡し後も快適な生活を楽しんでいただけるよう、木村建設のOB様しかご参加いただけないイベントを随時開催しています。ぜひご参加ください!

木村建設について【目次】

■社長あいさつ


■会社概要・歴史


■アフターフォロー・保証 

■家ができるまでの流れ

■スタッフ紹介

■職人紹介
 

 

棟梁:浦出 光男

ニックネーム:みっちゃん
生年月日:1959.6.6(ふたご座)
干支:
血液型:B型
出身地:室生寺近辺
入社年月日:1976年
所属部署・役職:建築部
資格・特技:一級土木施工管理技士、木造建築士、普通免許、他いっぱい
休みの日には何をしてる?:ゴルフです、今は腰痛が酷くてお休み中です。
主なお仕事:棟梁です。水道や電気なども含め、現場の全ての管理・責任者をしています。自分で言うのも変ですが、棟梁が建設会社の社員なのは珍しいんです。

 

 

続きを読む

社長あいさつ

 

はじめまして。
株式会社木村建設 代表取締役の木村昌樹です。
木村建設の三代目になります。

 この度は、数ある建築会社さんの中から弊社のホームページにご訪問いただき誠にありがとうございます。
スタッフが手づくりで更新をしているホームページなので、読みにくい点も多々あるとは思いますが、「みなさまに伝えたい想い」を私たちなりに発信していけたらと考えています。
ご覧いただく中で「よく分からないなぁ」と思われる項目があれば、遠慮なくお問い合わせください。

ホームページについてのご質問
TEL:0743-67-1703(木村建設)

 

 

さて、私たち木村建設には【ある夢】があります。
家づくりの説明をする前に、この夢についてお話しさせていただければと思います。

 

木村建設の「夢」

 

祖父の写真

木村建設は、2011年に創立80年を迎えた建築会社です。

祖父・父(現会長)・そして私と、3代にわたって地元奈良で家づくりに携わらせていただいて来ました。私自身のインタビューの中でも語っていますが、小さい頃から職人さんに囲まれ、自分たちが建てる家に誇りを持って育って来ました。

 

ところが、ゼネコンで修行を積んで木村建設に戻ってきた時、ショックを受ける出来事がありました。

私の祖父(創業者)が昔に建てさせていただいたご近所の家が、【他社】で建て替えをしていたのです。

 

自分たちの家づくりに自信を持っていた私の頭の中に浮かんだのは、

「え~!なんでウチで建てへんの?! いい家を建てるのにもったいない・・・」

というセリフでした。

 

しかしよくよく話を聞けば、お施主さんも代替わりをされていたとのこと。

 

「そうか。代替わりしてるならウチとの接点もそんなにないだろうし、仕方ないな。」

 

と思った時、これはおかしいということに気づきました。

 

いつの間にかご近所や古いお客さんとのつながりが薄くなっていた証拠だと感じたのです。
地元で80年も仕事をさせて頂いてきたのに、これでは地域密着とは言えない。

何十年たっても、代替りをしても、

「この家は木村建設で建てた。」
「家のことは木村さんに任せとけばええ。」

と無条件で思ってもらえる工務店にならなければいけない。

そう強く決意しました。

 

地域密着工務店として

それからは、今までにも増して定期メンテナンスに伺ったり、OB客向けの感謝祭を行なったり、情報誌やブログで日常をお伝えしたり、住宅メンテナンス講座を行なったりという、OBの皆さんや地域の方とつながれる活動を多く行なうようになりました。

そうするうちに、OBのお客さまが見学会場としておウチを開放してくださったり、昔のお客さまから修繕のお話を頂いたりと、ありがたい人の輪が広がっていくことを実感できるようになりました。

だから、このホームページもできるだけ「木村建設の今」をお伝えするようにしています。

 

そんな私たちの夢は、

「ありがとうの回数」でエリアナンバーワンになること

 です。

 

これは施工棟数でナンバーワンになることよりも遥かに難しく、
立派な自社ビルを建てることよりも遥かに誇れることだと思っています。

 

そのために、
長く健康に笑顔で住んでいただける「結露しない家づくり」と、
弊社の家に住んで頂いているお客さまをとことん大切にするお付き合いを徹底しながら、

「何かあったら、とりあえず木村さんに相談しよ。」

と思ってもらえるような地域密着工務店でありつづけたいと思っています。

 

 

このホームページをご覧いただいているあなた様。
ぜひ、弊社のイベントにご来場ください。

家づくりの予定がなくても構いません。
特に用事がなくても構いません。

「今日もふらっと来たよ~」 

と気軽に言っていただくことが、私たちの何よりの誇りとなります。
あなた様のご来場を心よりお待ちしております。

 

株式会社木村建設

代表取締役 木村昌樹

 

実験は会長の家で

 

木村建設のポリシーとして、

「自分たちが体験してみて【良い】と思ったものしかお客さまに勧めない」

というものがあります。

 

本来、建築のプロとして当然のことなのですが、膨大な商品が開発される現代においては、ついついメーカーの売り文句をそのままお客さまに伝えて、後で「言ってることと違う」というクレームをお受けすることも少なくありません。

 

それが我慢出来ない私たちは、お客さまに新商品をご提案する前に必ず自分たちで実験することにしています。

 

どこで実験するのか?

 

ここ、【会長の自宅】です(笑)

(※つまり私、木村昌樹の生家でもあります。)

 

 

 

 

この家は65年前に、大工だった祖父によって建てられました。
当時は庭がたくさんある家で景色は良かったのですが、とにかく風が抜けまくるので冬はとてつもなく寒い!

 そこで35年前に会長がリフォームしたのをきっかけに、新しい建材や商品が出る度に設置を繰り返し、今や完全に【実験棟】状態となりました。

 

実験の一部をご紹介すると、

・大きな吹き抜けがあると室内の温度はどうなるか?
・古い家の材料を有効活用するとどうなるか?
・天然木の床材は、年月が経つとどうなるか?
・セルローズファイバーを入れると?
・土壁と外断熱を組み合わせると?
・年中窓を閉めっぱなしだと?
・炭を使うと?
・太陽熱を取り入れると?
・地中熱を取り入れると?
・東北の工法を奈良に持ってくると?
・防水処理したウッドデッキが風雨にさらされると?

などなどなどなど・・・とても語りきれません。

 

会長です

とにかく、良いと思ったらまず使ってみる!が信条の会長なので、日本の家づくり技術のテーマパークのようになっています。
恐らく、メーカーの営業マンよりもそれぞれの商品のことをよく知ってると思います。

 

この【実験棟】でもある会長宅。
会社のすぐ近くですので、ご希望の方はすぐにご案内することができます。
非常に面白いですので、ぜひお気軽にお申込みください。
(実はかなりの人気があります(笑))

お問い合わせ先:TEL 0743-67-1703

 

ではここからは、会長宅での実験内容をダイジェストでご覧いただきたいと思います。
ディズニーランドに来た気分でお楽しみください。

 

大きな吹き抜けがあると室内の温度はどうなるか?

 

まず家に入って目に入るのが、大きな「吹き抜け」です。

隣家と接近しているため、2階南面は全面に渡る大きな窓を設置して、とにかく明るいです。しかし、これだけ吹き抜けがあると冷暖房が効きにくいんじゃないか? 結露が大変ではないか? 掃除はどうするんだ? などの疑問が湧いてきます。

それに対する会長のトークをお楽しみになさってください。

 

 

古い家の材料を有効活用するとどうなるか?

 

元々あった日本建築の家をリフォームしたのですが、建物自体は非常に良い造りで、個人的に愛着がある部材もたくさんあります。
すべてを変えるのではなく、良いところはうまく残す。これが長く住める家のコツだと思います。しかしこれが結構大変(笑
思い出を残すリフォーム・建て替えの苦労話と注意点を教えてくれます。

 

天然木の床材は、年月が経つとどうなるか?

 

木村建設では天然木の床材を使用していますが、木ならなんでもいいか?というとそんな訳ではありません。日本の気候風土に合っていない場所で育った木を使うと、ヒビ割れをしたり隙間が開いてきたりします。

この経年劣化を楽しむことが、自然素材の家に住む時のコツですが、実際に見てみないと楽しめるかどうか分かりませんね。
この家では、年月が経ったありのままの自然素材の床をご覧いただけます。

 

 

セルローズファイバーを入れると?

 

木村建設が超オススメしているセルローズファイバー。実際どうなの?ホントに効果があるの?モデルハウスはそれ用に特別に作ってるんじゃないの?という方は、ぜひ会長の家にて体感してください。実は・・・会長の家はすべてがセルローズファイバーではないのです。にも関わらず、その効果を一瞬で体感していただけるはずです。

 

 

土壁と外断熱を組み合わせると?

 

古い家を残してる部分は、違う断熱方法にチャレンジしています。昔ながらの「土壁」と「外断熱」の組み合わせです。これは成功か?失敗か? 詳しくは会長の口から。

 

 

年中窓を閉めっぱなしだと?

 

【木村の家の住まい方】でもご説明していますが、木村建設の家は年中閉めきったままでも、キレイな空気の中で快適に暮らせます。とは言え、「生活臭や料理の匂いはどうなるの?」「ホントにカラッとしてるの?」などの疑問は、体感してみるまで絶対に付きまといます。

なので、年中閉めっぱなしの会長宅で思いっきり息を吸い込んでみて、効果をご判断ください。

 

炭を使うと?

 

少し前、「炭」の脱臭力と調湿力がクローズアップされました。当然、弊社も取り入れてみました。その結果、確かにめちゃくちゃ匂いを取ってくれるのですが、ある別の問題が・・・。

「炭」を検討されてる方はぜひ。

 

太陽熱を取り入れると?

 

屋根の上です。夏涼しく、冬暖かい家にするために取り付けた、太陽光であったまった熱を床下に回し、家中をあたたかくするシステムがついてます。効果はあるのですが、むむむ・・・こんな弱点が・・・。

 

地中熱を取り入れると?

 

屋根の次は、地面です。地中の安定した熱を家に取り入れる地中熱システムも採用してみました。うん、これも効果はあるんですが・・・・。何が問題だったのかは当日お話しします。

 

東北の工法を奈良に持ってくると?

 

これは笑い話です。東北が発祥の「家をあたためるシステム」を見学に行ったことがあります。建物はすごく良いんですが、担当営業マンが言うほどあたたかくない・・・。でも、担当者がウソを言ってるようには見えない。たどり着いた結論は、「東北の人は寒さに強いからこの程度であたたかく感じる。」ということでした。

奈良には奈良に合う家づくりをしないといけないな、と思うようになったきっかけでもあります。

 

防水処理したウッドデッキが風雨にさらされると?

 

今現在、弊社の家のウッドデッキは「ウリン材」という材木で出来ています。めちゃくちゃ堅いので加工しにくいのが難点なんですが、この材料を使うことになったきっかけが会長の家のベランダにあります。ぜひその目でお確かめください(笑)

 

 

 

・・・・などなど、見どころはたくさんあります。
百聞は一見に如かずです。
良い機会なのでお気軽にご見学くださいね。

会長を独占できるチャンスでもあります(笑

 

「会長の家見学」お問い合わせ先

TEL 0743-67-1703

 

 

 

 

 

会社概要

【会社概要】

会社名 株式会社木村建設

代表取締役 木村昌樹

資本金 3000万円

資格・免許 一級建築士事務所登録 奈良県知事登録 第2014(に)1689 号

建設業の許可 奈良県知事許可(特ー23) 第10989 号

宅地建物取引業免許 奈良県知事(5) 第3085 号

10年保証住宅性能保証登録加盟店  登録番号 (1-2901) 第00497-1 号

住所 :奈良県天理市成願寺町208-1
TEL 0743-67-1703
FAX 0743-66-3535
E-mail info@kimura-kensetsu.com

主要業務 建築工事業/一級建築設計事務所
土木工事業/宅建業
・一級建築士 1名

・一級建築施工管理技士 1名

・二級建築士 2名

・一級土木施工管理技士 3名

 

取引銀行 南都銀行/中京銀行/三菱東京UFJ銀行
奈良県、天理市 指定業者
関連会社 株式会社ハッピーマン

 

スタッフ紹介・職人紹介【目次】

スタッフ紹介


職人紹介


モデルハウス 見学会イベント情報 お問い合わせ