鳥になった気分

すごい
久しぶりに 驚いた。
寝屋川の街の中に  緑の中に 埋もれてる集合住宅に行ってきました
家の真ん中の中庭から屋根の上に ケヤキの大木が生えてたり
地下から 桜の大木が 生えてたり
住宅地の中に この場所だけ 別世界に 引き込まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間口4mほどの集合住宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関の扉は 内開き いいね !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地下からも 植木が生えてきてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の上にケヤキの木   実は 家の中から 生えて3階の屋根

まで伸びてます。

 

 

 

 

 

建物が造られてから36年の時を経て
建物のいろんな場所から いろんな
種類の植木が生え育ち 森が つくられてるです
まるで自分が 鳥になった気分でした。 
きっと ここに 住んでる人達も 鳥のように 巣をつくって
毎日を 楽しんでるんだろうな
故  石井修氏 設計者は 今の姿になることを 36年前に
創造して人工的に 森をつくったことが すごい。 これが  
人工的に見えないのが すごい。 
近所の 高度成長期に建てられた憧れの 団地は 楽しくないよね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。