くーまんの家 子供上棟体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビックイベント 5月11日の木村なフェスティバル

みんなで 力を合わせて家を作ってみよう。

子供上棟体験のくーまんの家が プレカット工場から

会社にやってきました。

さっそく 浦出棟梁と武野と営業の池田、大杉とで

組み立ててみました。

計44本の材木を間違えずに組めるかな。

 

 

 

 

 

 

 

まずは土台・大引き 1階の床になります。

 

 

 

 

 

 

 

厳しい 検査を合格した十津川産の土台や柱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱の位置を間違えないように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木づちで 上から たたいて 梁を落とし込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梁と梁のつなぎ目もどんなふうになってるか 見てね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梁が組めました 2m*2mの 高さ1m30cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に棟を入れて 上棟   やった~ おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くーまんも  かくれんぼしたり 屋根に登ったり 大喜び。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月11日 木村なフェスティバルで 大工さんになって くーまんの家を

一緒に作ってね。

 

5月11日 木村なフェスティバル

5月11日の 木村なフェスティバル
上棟体験の図面が出来上がりました。
ちびっ子たちに 大工さんになってもらおう 
2m*2m  の 『くーまんの家』を みんなの力を
合わせて 組みたててもらいます。
ミニサイズながら 十津川産の木で
加工もすべて実際建つ家と同じです。
木の良さ モノづくりの楽しさを体験してみませんか!
おじいちゃん、おばあちゃん、家族みんなが
楽しめるイベントです。  
ぜひ 参加 お待ちしております。

 

 

 

石を打つ

 

 

 

 

伊勢神宮の参道に使われてる 三波石(群馬県鬼石町で産出する青石)
を伊勢神宮の工事された会社から取り寄せてもらいました。
施工日 幸運なことに 雨 
石が雨に打たれて 青色に輝きます。
石には一つ一つ顔があり どこに納まりたいかが わかる。
パズルのように一つ一つバランスを考えて貼っていく。
中に効いている石が一つあり 重心となる。
玄関までのアプローチ 内へといざなうための 青石
きっと この家は 雨の日が 楽しいい。