山の民、、、♪

「山の民」と言えば

キングダムを思い浮かべるのは私だけでしょうか?

 

実は奈良県の十津川村にも

「山を守ることは、山の民の責務」

をモットーに平成23年の紀伊半島大水害の経験から

村を挙げて林業の再生に取り組んでおられます。

天気予報に出てくるイメージという方が多いですが

実は、林業の盛んな地域。

 

特質すべきは、一般的に木材の流通はとても複雑で、

多数の中間業者を挟みながら施主へと販売されていきます。

十津川村森林組合では、中間業者は一切介さずに十津川村で育った木を十津川村で

製材した、正真正銘の十津川村産材を提供。

 

 

中間業者を挟まずに直接、お客様のもとに届くから

コストが安く

直接、消費者の声が届くので

より良い材料を提供できるのです。

いわゆる、産直(産地直送)

特に、そこで働いておられる皆さん

「山の民」は情熱と誇りをもって

山主さん、森林組合組合長さんと

山づくりから、製材・加工・仕上げ、流通・販売まで

材料まで直接顔が見れる家づくり

その材料が地元 奈良の木で実現できる。

本当にありがたいことですね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。