祝!!全国デビュ~

建設関係に携わっている人は必ず購読している

月刊誌があります。

業界のタイムリーな話がびっしり詰まった、

建築業界のプロたちが購読している月刊誌に、

うちの大杉が参考(お手本)事例で取り上げられました。

しかも、名前入りで(大杉さん 木村建設 奈良)!!

プロの方たちにも認められる、本当にありがたいですね。

 

日頃、コツコツ頑張っている姿がこういう形で認められたのでしょうね。

頑張れば必ず報われる、、、ですよね♪

 

 

ハルキ君、、、♪

A様邸のお打合せ

設計士の武野氏が同席してより詳細なお打合せ。

 

A様:「キッチンの食器棚は○○㎝だから、、、」

「このスペースはゴミ箱がいいかと思うのですが、、、

リビングから見えないし。」

武野:「それなら、全体を引き戸の収納にしてしまえば、、、。

食器棚もレンジ台もすべて中に入れてしまえば、

パントリーと兼用にすればよりスッキリしますよ。」

A様;「なるほど、、、それもありですね♪」

 

というお客様のご要望をお伺いしながら、より使いやすいご提案を

させていただいています。

木村建設ではこれを「武野マジック!!」っと呼んでいます。

 

A様、まだまだ武野マジックは始まったばかりです。

次回のお打合せも好 ご期待、であります。

 

その頃、ハルキ君は

一緒に打合せに参加したり、遊んだり、、、♪

モデルハスにも慣れてきていただいたようで。

ちゃんとハルキ君のお部屋もありますからね。

 

 

丸見え、、、。

新事務所の入り口から

からの視線に入ってくるのは、、、

打合せ・会議スペース&コピー機

その奥には、、、、

私が見えます。

当然のことながら、私からも

あ、谷川さん♪ 「こんにちは」

、、、ではなくて、丸見えなのです。

来客があればすぐにわかるように設計したのであります。

、、、、ということにしておいて下さい、、、。

一方、谷川編集長のお席(ブース)は快適のご様子で

何よりであります。

パートの北田さんと、、、♪

 

 

匠の技の伝承

奈良市のU様邸へ

内部左官作業中であります。

今日はウエノ左官の上野さんが

中尾左官の西嶋くんに塗り作業の指導中でありました。

見ていると簡単そうに見えるのですが、、、

塗り方の一つ一つに秘められた匠の技が、、、。

苦労した末に習得した技を惜しみなく教え伝える。

実はこの上野さん18歳の時に左官の門をたたき

現在は、国宝級の寺社仏閣を手掛けられるほどに。

奈良県でも指折りの職人さんなのであります。

 

上野さんいわく

「職人は3代先まで残る仕事をしないとな!!

職人が変わってもみんな同じできあがりで!!」

 

こういう職人さんたちの「想い」に支えられて、

お家は出来上がっていくのですね。

 

 

うれしいお知らせ

PV撮影でK様邸へ

前回はK様ご夫妻にご出演していただいての撮影でしたが、

 

今回は外観の撮影を、、、♪

お忙しい中、時間を取っていただきまして

ありがとうございました。

そして、そして

K様ファミリーのうれしいお知らせもいただき、

なんだかその場にいたスッタフみんなが

「幸せ」な気分になりました。

 

お引渡しさせていただいた後も、

「うれしいご報告」をいただける

本当にありがたいですね。

 

 

 

 

同級生と、、、。

中学時代の同級生のT様とお打合せ

きっかけは、奥様が住宅雑誌「住まいと暮らし年鑑」で

木村建設を知っていただいたことがきっかけでした。

24年ぶりに再会、中学の頃のイメージが、、、

、、、お互いに年を取るわけですね♪

↑奥様の家づくりファイル♪

ご夫婦で話し合われた内容や

イメージがギッシリファイリングされています。

T様の家づくりの「想い(目的)」が明確に、、、。

次回は設計が同席してのお打合せ(プラン申し込み)

想いを具体的に「カタチ」にしていく作業に移って参ります。

 

 

 

 

プラン申し込み、、、♪

A様邸のプラン申し込み

設計士の武野さんが同席して、

プランのお打合せ。

A様の家づくりの想いは

「家族が1か所に集まれる時間が多い家」

ご夫婦ともお仕事をお持ちなので

ご家族の「つながり」を大切にしたい ということでした。

その「想い」を武野氏がカタチに、、、、♪

愛嬌抜群のはるき君、、、♪

笑顔の絶えないお家ですくすく成長されることでしょうね。

 

 

おめでとうございます、、、♪

職人会で議題になった改善点を

会長を交えて、現場監督と協議中

職人さんの「想い」をこの会議でカタチにしていきます。

ここでも、担当ごとに意見を出し合ってまとめていく作業

ところで、私が生まれる前から木村建設で

仕事をしていただいている浦出さん

娘さんの「ミナちゃん」が高校に合格したとか、、、

おめでとうございます。

春から高校生になるのですね、、、♪

浦出さんの結婚式の翌年に誕生した「ミナちゃん」

 

ちなみに、浦出さんの結婚式の時は「兄弟船♪」を

飛び入りで歌った私(当時中学生)。

どうりで私も年をとるわけですね。

 

 

 

 

会議です

月一恒例の職人会

現場の施工レベルと安全衛生の向上と

現場でのムダを省いてコストを削減する、事を目的に

現場で活躍していただいている職人さんと会議をしています。

 

職人さん一人一人の提案や意見を聞きながら、

施工体制を決定していきます。

議論が長くなってしまって時間オーバーしてしまうことも多々。

 

会社の方で決定事項を報告する、という形式でするとすぐに終わりますが、

現場の意見を汲み取りながら、みんなで決定します。

 

家という名の「ハコ」をつくる、だけならここまでしなくてもいいですが、

お客様の「想い」とそれに答える職人さんの「想い」が

つながることで、本当の意味での「想い」「魂」の

入ったお家ができる、と考えています。

 

現場が終わってお疲れの所、夜遅くまでありがとうございました。

 

 

 

文章が、、、(涙)

木村建設が手作りで発行している

「もくもく通信」

次月号のVOL21の編集会議

ここで各担当コーナーの内容のチェック!!

*ほとんどの時間が私のコーナーで時間が費やされます。

必ず再提出です、、、(涙)

再提出したのをもとに谷川氏が編集

*ここでも私のコーナーの内容にほとんど時間が費やされます。

再提出したのにもかかわらず修正が、、、(涙)

そして、中島氏が誤字・脱字のチェック

*ここでも、修正が加えられ、、、、(涙)

印刷作業に移ります。

 

社員一人一人の手を経て、情報誌ができているわけですね。

次月号は4月末に皆さんのお手元に届く予定です♪

 

いやぁ~ 文章で表現するというのは難しいもんですね。

私の場合、言葉でも通じない時が多いのですが、、、。

社員の皆様、いつもご苦労をお掛けしております。

感謝