現場監督の小椋君♪

私;「1日に台風着そう、現場は、、、?」

小椋(現場監督);「準備してありますよ♪」

前もっての準備、大切ですよね。

追い詰められないとやらない 木村建設 木村です。

 

現場監督の仕事は多岐にわたります。

現場の進行状況の把握、それに伴って材料の発注・搬入手配

天候や作業状況によって日々変わります。

それを調整すのるのが現場監督小椋君の仕事であります。

職人さんが現場でスムーズに気持ちよく働いていただくために、、、、。

そのほかにも、現場でのお施主様とのお打合せ、

お引渡式・上棟式・ゴールデンプレート設置式・地鎮祭、、、、。

 

木村建設では『思い出に残る家づくり』をお施主様と一緒にさせていただくため

イベントが盛りだくさんです。

準備をするのも現場監督の小椋君です。

見えない所で、縁の下で頑張っている

少数精鋭の木村建設ファミリーの心強い一人です♪

 

ところで、小椋君は

ダイエットのために毎日?自転車で通勤している のかな?

 

 

 

もうすぐ9月、、、♪

めっきり過ごしやすい季節になって参りました。

気づけば、もうすぐ9月。

猛暑日、猛暑日と言われていたのが、いつのことやら。

人間の記憶力というものは曖昧なもんですね。

谷川;「社長この前、言いましたよね!!」

私;「え!!そうやったっけ?」

谷川;「、、、、、(怒)」

社員のみなさん気を付けます。いつもすいません。

木村建設 木村です。

 

さてさて、もうすぐ9月と言えば、木村建設では大切なイベントがあります。

毎月第一日曜日に開催している「早朝清掃」であります。

そして、その後はテラス???で朝食会です。

なぜかこの時ばかりは、時間がゆったり流れているような気がします。

一つのテーブルでみんなでワイ×2 ガヤ×2、コミュニケーション♪

他愛もない会話ですが、食事をしながらすると会話も弾みます。

日々の業務で中々、時間を取って食事をしながらゆっくりというのも、、、、。

 

皆さんも休日、ちょっとだけ早起きして

食事をしながら家族とのコミュニケーション。

一度試されては如何でしょうか?

 

因みに「コミュニケーション」とは、大辞林によると

【情報の伝達、連絡、通信の意だけではなく、意思の疎通、心の通い合いという意でも使われる。「親子の―を取る」は親が子に一方的に話すのではなく、親子が互いに理解し合うことであろうし、「夫婦の―がない」という場合は、会話が成り立たない、気持ちが通わない関係をいうのであろう。】

コミュニケーションとは「心の絆(キズナ)」を深めるという意味もあるかもしれませんね。

一つの言葉・単語ですが深い、ですね。

 

 

 

お客様も社員も、、、♪の巻

日曜日に開催したバスツアー

参加していただきました皆様のベストショットです

谷瀬の吊り橋にて

マイ箸つくり体験にて

楽しんでいただけましたでしょうか?

木村建設は地域に少しでもお役立ちできるよう、これからも張り切って参ります。

ご参加くださいました皆様、本当にありがとうございました。

 

社員はというと、、、、

お手伝いで参加、外構屋さんの矢野さん(写真;左)

ツアーのパンフレットの撮影か?敏腕財務部長!!中島さん (写真;中)

バスが気に入ったのか?企画広報 谷川(写真;右)

いい感じで楽しんでおりますが、、、帰りのバスは、、、。

こんな感じで撃沈、、、。

かなりお疲れのようで、いつもありがとうございます。

これからも、楽しいインベント企画してまいりましょう♪

いきなり「思いつき」でいうかもしれませんが、その時はご容赦を、、、♪

感謝

 

 

十津川へ♪

私:「そうや!皆さんに製材所を見てもらったらどうだろう?」

(半ば決定事項ですが、、、、今回も思いつきです。)

企画広報 谷川:「それいいですね♪」

ということで、構想2年 企画6か月。

遂にこの日を迎えることができました。

木村建設 木村です。

 

普段は中々、お目にかかれない山から伐採した木を製材して柱になるまでの過程

柱になっている所は上棟式で目にする機会はあると思いますが、、、。

そうです!今回はその十津川村森林組合さんの加工センターの見学であります。

まずは、山から伐採した木があるストックヤードの見学

伐採時期にも先人の知恵があるそうです。

さらに、伐採専用の暦を見ながら伐採日を決定

(これを怠ると結果的に品質に影響があるそうです。山の男の達のこだわりですね♪)

原木が製材ライン(製材機)へ

柱になるのは樹齢80年の木が使われます。

ここで、柱のカタチに成形されます。

製材した木を乾燥機(蒸気式木材乾燥機)の中へ

10日間かけてゆっくり乾燥させていきます。

温度の調整がかなぁ~り難しいそうです。

モルダー加工で既定の大きさに加工します。

コンピューター制御で柱の形、大きさを成形して、

グレーディングマシンで含水率、ヤング率の計測を一括で行います。

そして皆さんおなじみの奈良県産材「十津川ブランド」の柱になるでありました。

皆さん、熱心にお話を聞いておられました。ありがとうございました。

 

この加工センターが出来たのは3年前です。それまでは、それぞれの工程を別々に依頼していたので費用的にも高くなったそうです。

伐採・製材・加工まで一貫してできるようになっったこと、さらに十津川村が村あげて取り組んでいることで、コスト的も抑えられるようになったそうです。

 

なによりも、「ほんまもんの木を造る」という森林組合さん一人ひとりの「想い」、

今回の見学のために休日出勤でみなさん出社していただいている「心意気」、

本当に感謝であります。

今回は、初めての企画でお試しバージョンで開催しましたが

次回からはバージョンアップしてイベントになりますので好!!ご期待であります♪

 

 

勉強会♪

「やるなら今でしょ!!」の林先生の言葉

敗者の共通点

・情報不足

・慢心

・思い込み

だそうです。なるほど、確かに、、、、。

簡単にまとめてもらうとよくわかる、木村建設 木村です。

 

「桶狭間の戦い」で少数の織田信長が大群の今川義元を降したのもまさしく、、、です。

歴史が物語っていますよね。

ということで、木村建設もLIXIL(リクシル)さんに来てもらって、今後の住宅業界の潮流

さらには、しくみ、法制度までファミリーと勉強会です。

 

リクシルさんと言えばCMでおなじみの「サッシ」を連想される方も

多いかと思いますが、建材・住宅設備機器の最大手企業です。

本来なら営業所の方が来られるのが一般的ですが、

関西支社の方まで来ていただいて、かなりの本腰の入れようでした。

新たな販路、「いい物をさらに安く」ご提案出来そうな予感です♪

 

現状に満足することなく、「さらに!」「もっと!」のご提案で

『思い出に残る家づくり』

『地域へのお役立ち』

頑張って参ります。

 

 

バスツアー♪

池田;「ゴホ、ゴホ」

私;「もしかして、風邪ひいたんちゃうの?」

池田;「いいえ、最近は流行っているアレルギーです」

私;「それ、絶対風邪やって!! 気合が足りんねん(笑)」

数日後、

なぁ~んと、風邪をひいてしまった私、、、、(汗)

気合が足りない、木村建設 木村です。

そして、池田さんごめんなさい、、、、。

 

先日、バスツアーの最終打ち合わせに十津川へ

敏腕企画部長の谷川氏は休日を返上して参加。

(*企画部長の責任感か?それとも私一人では心配だったのでしょうか?)

森林組合さんでは、見学ルートの確認と当日の説明内容の打合せ。

谷瀬の吊り橋でお食事

座席のセッティング&景色もバッチリ♪

お楽しみ企画の「マイハシ」造り体験をお願いしている坂口さんの作業場へ

さすが、欄間(らんま)職人だけあって作業場は圧巻でしたね♪

十津川森林組合さんといい、坂口さんといい、

打合せの予定時刻を大幅に延長してしてしました。

皆さん、木に対する情熱、「いいものを提供する」という信念

改めて、木村建設はいろんな方々のお力添え、

「想い」で支えられているのだと、実感しました。

本当に感謝ですね♪

 

 

基礎工事

猛暑記録更新中であります。

本当に現場で作業していただいている職人さんには

頭が下がります。

特に基礎工事は日影がない所での作業、本当に応えますね。

私など一瞬で汗だく状態です。多分、お腹の水分だと思われますが、、、。

木村建設 木村です。

 

K様邸の基礎工事、ベースのコンクリート打設の模様です。

コンクリート打設前、型枠の最終チェック

コーナーハンチ(標準仕様)もこの通り

これが、地震時に威力を発揮するのであります♪

そして、コンクリート打設開始

その前に大切なポイントが、、、

生体エネルギー』(標準)をコンクリートの中に投入して撹拌させます。

木村建設が推奨している「ほんまもんの健康的な木のお家」の

重要なこだわりの一つであります♪

暑い中ありがとうございます。

いろんな職人さんの手を介して、「想い」がカタチになっていきます。

 

燃える男!!池田さん、、、。

私:なんでマイ扇風機なの?

池田:仕事をしていると燃えてきませんか?

私:っていうか日焼けしすぎて火照っているだけちゃうの!!

池田:仕事していると燃えてくるんですって!!

私:さっすが~ぁ♪池田さんできる男はちゃうな!!

日焼けしても、赤くなってすぐさま白くなる私、

できる男になるために極楽湯の日焼けマシーンに行くぞ

密かに思っている 木村建設 木村です。

 

今回は池田さんの紹介です。

その前に、会社の池田ブースです。

本当にマイ扇風機であります↑

 

前職は元金融マンで、住宅ローンの担当でした。

(因みに木村建設の担当してもらっていました。知り合ったのはその頃からです。)

前職の時から仕事は、「キッチリ」「かゆところに手が届く」スタイルで、

以前の担当者とは違うな、と思っていました。

 

なぜなら、自ら物件の場所や、さらにはお客様の所まで足を運び、

納得していただける説明を何度も丁寧にしていたからです。

「住宅ローンの担当者(銀行)」は、なかなかそこまでする人はいません。

 

何より「一生に一度の大きな買い物」をしていただくからには、

一家族一家族、親身になって、

まさしく、「想いを込めて」取り組んでもらっていましたので、

いつも安心して任せることができました。

 

あまり褒めすぎるのも、、、、なのでこのあたりで♪

 

そんな池田さんが木村建設へ入社して8か月。

心強い、木村建設ファミリーの一人ですね♪

 

やっぱり、褒めすぎたかな、、、、(笑)

 

 

本日発送ですよ♪

はぁ~い 皆さんこれから情報誌ですよ♪

「はい、社長!はい、次、社長、、、、、はい、次、次、」

次から次へと任務を渡される。仕事が遅い私、、、、。

木村建設 木村です。

 

 

折から始まり、袋づめ、宛名シール貼りまでファミリー(社員)全員で行います。

「想い」を込めて、1枚・1枚、詰めてまいります。

会長も頑張っていただいております。

お盆休みはお子さんのサッカーの応援で「真っ黒」になった池田さんも

敏腕財務部長の中島さんも、、、

手造りの情報誌、ファミリー全員で「想い」を込めて、、、。

 

さてさて、今回の情報誌の目玉は、、、

社長くまさんの名前応募の結果報告で~す♪

沢山ご応募いただき誠にありがとうございました。

厳選なる審査の結果、ついに決定です。

 

到着をお楽しみに、、、♪

 

 

大和神社

小さいころ秘密基地を作った経験はないですか?

田んぼや野原を走り回った経験はないですか?

私の小さいころは、そんな自然豊かな所で

朝から晩まで泥んこになって遊んでいました。

結末は、、、、

「コラ!! また、木村のぼん か!!」

幼少期は神童??と呼ばれていた木村建設 木村です。

 

久々にわが町、天理市のご案内を

幼少期にはイベントがあるごとに切っても切り離せない場所

祭り、七五三、初詣、などなど、地元の氏神様でもある、この神社。

「大和(おおやまと)神社」

宮司さんによると、日本書紀にも登場するぐらい、最古の神社らしいです。

そして、戦艦大和の守り神として、艦内で祀られていたそうです。

因みに、宮司さんによると海の神様が祀らているそうです。

そんな、歴史と伝統のある神社が木村建設のすぐそばにあります。

知れば知るほど、わが町天理♪ 奥が深いですね♪

 

因みに、 戦艦大和と言えばこの映画「男たちの大和」

お勧めです。